CHECK

中古モニターを選ぶ際のおすすめポイントとは?

中古モニターを選ぶ際のおすすめポイントとは?

モニターの中古の良い物を購入するポイントがあります。
それは電源スイッチを付けてからしばらく放置して、安定する時間を計測してみることが目安になるのです。
そして安定してから輝度や色ムラがないかもチェックして、ドット抜けがないことも大きな要素になります。
耳を近付けて異音がしないことも大切です。
電子機器は古くなると低音のノイズが発生するので、店内のBGMを意識的に消してモニターのノイズに集中してチェックしてみましょう。
中古商品を購入する時には、汚れや傷だけではなくこうして、外見的なメカニカルな状況を見てみることが重要です。
出来れば中身を見られればいいのですが、普通はそんなことは出来ません。
だから外見で見た目的であったり聴覚的であったりなど、五感でテストしてみるとより情報を得られることになります。
状態のチェックが済んだらスペックを検討します。
リフレッシュレートやフレームレート、解像度や輝度などの性能を見るのです。
インターネットに接続して動画などをテストしてみるとより分かりやすくなります。

ゲーミング用途で選びたい中古モニターとは

用途がゲーム用と決まっていて中古モニターを選びたいのであれば、ゲーミングに適した条件にマッチする商品を候補にリストアップするべきではないでしょうか。
ゲーミング用途に適したモニターは、画面が一定以上の大きさで解像度も高く、リフレッシュレートも高めという条件があります。
画面のサイズは24インチ以上、解像度は少なくともフルHDに対応しているべきですが、2Kや4K対応だとなお良いです。
リフレッシュレートは今やい90Hzや120Hz以上が当たり前ですから、144Hzや165Hzなども視野に検討するべきです。
リフレッシュレートの高さは、画面表示の滑らかさに直結しますし、スクロールの残像感にも関わるので思いの外重要です。
特に、一瞬の判断が勝敗を分けるFPSのようなジャンルのゲームをプレイする場合は、解像度だけでなくリフレッシュレートも重視することが大切です。
中古のモニターはこのように用途を明確にすることで、選ぶのに最適な商品のイメージが見えてくるのではないでしょうか。

モニター,中古に関する情報サイト
中古モニターの選び方

サスティナブルな社会を目指すことが求められている昨今、環境負荷の低減や資材の有効活用を重視して中古の製品の活用に大きな注目が集まり導入する企業や個人が増えている中で、当サイトでは商品の選び方や注意点について詳しく解説をしています。
特にモニターは映像や文字を常に映し出す重要な役割を占めていることから、最適な製品を見つけることが大切ですが、様々な規格が存在していることから初心者の方にとって難しい要素のひとつです。

Search