CHECK

中古モニターを購入する際の注意点

中古モニターを購入する際の注意点

中古のモニターは新品と比べて価格が安いため、予算が限られるというケースに最適で、市場に流通していないモデルが購入できるといったメリットもあります。
一方で、中古品は液晶にキズや汚れがあるケースが少なくありません。
そのため、実店舗では自身の目で、ネット通販では商品説明ページに記載されているキズなどの情報を確認してから購入することが大切です。
画面の比率も注意点のひとつです。
現在のモニターは基本的に16:9の画面となっていますが、2011年のテレビの地デジ化以前に作られたモデルの画面は4:3となっています。
2011年以前のモデルで動画を全画面で閲覧しようとすると、画面の上下に余白が空くことになるので注意が必要です。
特に、メインモニターとして使う場合は画面比率に気を付けましょう。
機能面についてもしっかりと確認しておきましょう。
例えば、音質にこだわりがある方はスピーカーが内蔵されたモデル、モニターを縦に使いたい場合はスタンドが取り外せるなど縦置きしやすいモデルを選択することをおすすめします。

中古液晶モニターを選ぶ際にチェックするべきポイント

中古の液晶モニターは経年で様々な変化が起こるので、選ぶ際にそれらがチェックすべきポイントになるのではないでしょうか。
例えば画面が暗くなっているモニターは、製造からかなり年月が経過していたり、長時間使われてきた可能性があります。
つまりあまり残り寿命に期待できない恐れが強いので、保証やサポートが乏しい中古を購入する時には注意が必要です。
画面の明るさに問題はなくても、黒い背景などを見るとムラが感じられる場合も注意です。
ムラは液晶の劣化ではなくバックライトの問題で、モニターの劣化を判断するポイントの1つとなっています。
他にも画面の表示を消した時に目立つ傷はないか、スタンドの固定が緩んでいたり、勝手に角度が傾くといったことがないかも要確認のポイントです。
モニターは案外交換したり処分をするのが面倒なので、ハズレを引かないように商品を選び購入することが大事です。
解像度が高いものについてはいわゆるドット抜けがないかに関しても、念頭に置いて確認を行うべきではないでしょうか。

モニター,中古に関する情報サイト
中古モニターの選び方

サスティナブルな社会を目指すことが求められている昨今、環境負荷の低減や資材の有効活用を重視して中古の製品の活用に大きな注目が集まり導入する企業や個人が増えている中で、当サイトでは商品の選び方や注意点について詳しく解説をしています。
特にモニターは映像や文字を常に映し出す重要な役割を占めていることから、最適な製品を見つけることが大切ですが、様々な規格が存在していることから初心者の方にとって難しい要素のひとつです。

Search