CHECK

中古のモニターは何を基準に選べばいい?初心者が知っておきたいお役立ち情報を解説

サスティナブルな社会を目指すことが求められている昨今、環境負荷の低減や資材の有効活用を重視して中古の製品の活用に大きな注目が集まり導入する企業や個人が増えている中で、当サイトでは商品の選び方や注意点について詳しく解説をしています。
特にモニターは映像や文字を常に映し出す重要な役割を占めていることから、最適な製品を見つけることが大切ですが、様々な規格が存在していることから初心者の方にとって難しい要素のひとつです。

中古のモニターは何を基準に選べばいい?初心者が知っておきたいお役立ち情報を解説

パソコンから出力された映像信号を正しく表示させるためには走査線の周波数が対応している必要があり、これが異なる場合には映像が全く表示されないことがあります。
しかも、コネクターの形状が同一であっても周波数が異なる場合があり、一見しただけでは区別がつかないのも厄介です。
そこで中古のモニターを購入する場合には、使用するパソコンとモニターが対応している走査線の周波数を確認しておくことが重要です。
それらの情報はパソコンやモニターの本体に表記があるケースがあるほか、製品の公式ホームページなどで調べる方法があります。

中古のモニターは安いという理由だけで購入してはいけない

中古のモニターは安いものが手に入りますが、ただ安いという理由だけでは購入してはいけないのではないでしょうか。
モニターに限らず安い商品には理由がありますし、世の中には相場というものが存在しますから、相場から大きく外れる格安の商品は特に注意です。
画面の傷や付属品の欠品など、安さに納得できる点があるなら購入を検討しても構いませんが、傷なしの美品で付属品も完品となれば気をつけた方が良いです。
例えば在庫処分やキャンペーンなどで割引をしている、これなら安くても不思議ではないです。
しかし、商品の説明に納得できるものがなかったり、店員さんに質問しても明確な答えが得られないなら、その中古モニターの購入は控えた方が良さそうです。
お店なら実際に見て確かめられるのでまだマシですが、オークションとなると写真や説明から判断することになるのでリスクが高いです。
見た目だけ良くて実は酷使されていたり、時折映像が乱れるなど不具合を抱えている可能性もあるので、不自然に安いモニターには警戒するべきではないでしょうか。

サブモニターとして優秀な中古のモニター

モニターは複数枚並べて使うと便利であり、実際に作業性が上昇するメリットがあります。
画像加工や動画加工をしていると、元データーを開きながら加工した画像と比べなければなりません。
そんな時に画面やソフトを最小化するよりも、並べて比べられることで大きく確認を行えますし、最小化と最大化をする手間が省けます。
モニターは中古製品を検討してみるのもいいかもしれません。
優秀でお買い得なモニターが、新品価格よりもかなりお買い得に購入することが可能です。
モデルによってはデモとして店頭で使われていたり、不良品で返却された物を修理してリフレッシュ品で中古市場に流通させているケースもあります。
複数の画面を使う時には、画面を制御するディスプレイソフトを使うとより便利です。
複数のセッティングが可能なので、画面サイズを指定してワンタッチで固定することが出来ます。
モニターメーカーなどがフリーで配っているので、ダウンロードして解凍すれば使えるのです。

解像度に応じて値段が変わる中古モニター

モニターは現在高画質や高精細なモデルが多く存在しており、サブスクリプションなどを使い映画などをかなりの美しさで視聴出来るようになりました。
しかし注意しなければならないことは、パソコン内部のCPUやGPUも高画質対応していなければならないことです。
リフレッシュレートが高く、処理速度が速いことで遅延もなくカクカクした処理落ちも起きにくくなります。
動画には強くなりましたが、映像の専用画面であるテレビなどには適いません。
モニターは解像度により値段が異なり、描写が細かいことと1秒間に表示出来るフレームレートが細かい方が価格が高くなるのです。
1インチあたりの表現出来る色数や、1秒間で表示出来るコマ数がポイントになります。
更にIPS方式やVA方式やバックモニターのライトの種類なども関係し、良いモデルほど高価です。
中古市場でもモニターは人気であり、廉価なモデルからハイスペックなモデルまで各種取り揃えられております。

ゲーミング用の高解像度モニターは中古でも高額

ゲーミング用の高解像度モニターは、中古だと新品に比べてやすいかと思いきや、実際には高額で販売されている商品が多いのではないでしょうか。
理由としてはやはりゲーミング用モニターの需要が高いこと、高解像度の製品は特に人気で、お店が仕入れてもすぐに買い手がつくなどが挙げられます。
更にいえばモニターのサイズが大きくて、4Kにも対応している製品に人気が集まります。
中古で多少傷や汚れがついていても、モニターの性能が価値として買い手を呼び寄せますから、新品と比べてもあまりお得感がないわけです。
逆にいうと、4Kに非対応でリフレッシュレートも60Hz止まりであれば、安く買える可能性があるといえます。
フルHDよりもハーフHDならなお安く販売されますから、予算が限られる場合はこういったスペックの製品が狙い目です。
フルHDは今や珍しくありませんが、4K対応も増えているので、今後いずれはそうしたものも安くなっていく可能性はあるのではないでしょうか。

流通していないモデルも購入できる中古モニター

中古モニターを利用する利点として、すでに流通していないモデルのものも購入できる点があげられます。
基本的にモニターに限らず、どのような製品であっても改良が加えられて現在のものの方が良くなっていることは多いものです。
しかし、必ずしもすべてが良くなっているとは限らず、場合によっては従来品が使いやすかったことも珍しくありません。
個人的に以前のものが使いやすかったケースもあれば、新製品になったことで旧規格が切り捨てられてしまい、旧規格を目的に使っていた場合には、新規格は使えないということもあります。
モニターも同様に、色合いの違いであったり規格の違いがあり、過去のモデルのほうが良いのにすでに流通がなくなってしまったなんてことはよくあることです。
中古であれば廃盤となってしまったものでも、まだまだ残っていることが多いので、新品で欲しい物がなかった時に、このようなモニターを選んで見るという選択をすることもできます。

メインモニターが壊れたときの代替品に使える中古モニター

メインモニターが故障した際には代替品として、中古モニターの利用を考えることがあるかもしれません。
現在は4Kや2Kなどの高画質が実現出来ますが、廉価モデルでも約3万円程度から5万円程度の出費を覚悟する必要があります。
もっとリフレッシュレートの高いゲーミングクラスならば、エントリーでも10万円弱するので高額な買い物です。
中古のフルHDなどならば数も多くあり、パソコンのUSEDショップなどでは実売で3000円程度で販売されております。
型落ちにはなりますが実際に点灯してみて、ノイズや色ムラがなければ十分に使うことが可能です。
解像度は低いですが次のメイン製品を購入するまでの繋ぎとしては、十分な性能を持っております。
マザーボードに複数の出力端子がある場合には、メインモニターを購入した際にはデュアルディスプレイを行えるのがメリットです。
4KとフルHDは解像度が異なりますので、見え方は違いますがサブディスプレイがあると作業性が上昇します。

中古モニターを購入するときに確認しておきたい付属品

中古モニターを購入するときに確認しておきたい付属品ですが、箱とか保証書のようなものはある意味で当然かもしれませんが、このほかにはケーブルが挙げられます。
モニターはそれ自体ではほぼ何の役にも立たず、パソコン等と接続して初めて意味があるわけですが、この接続方式は一つだけではありません。
そして、今はごく当たり前と思えるようなコネクタとかケーブルであったとしても、ほんの数年前の製品でもそれに対応していないケースも少なくありません。
せっかく画面その他のスペックには問題ない製品を購入したとしても、PCとの接続がうまくいかないのでは困ってしまいます。
繋ぎたい機器と確実につなげることができるかどうかをチェックするのは欠かせません。
ただ、もし直接は無理であっても、何らかのコネクタ部品を介して実施することができるケースは存在しますので、ちょっとチェックしただけで諦めてしまうようなことはないかもしれませんが、いずれにしても確認は必要です。

中古モニターのアスペクト比は16:9のものを選ぶのがおすすめ

中古モニターといえば横長が主流ですが、正方形に近いものよりもアスペクト比を基準に選ぶのが良いのではないでしょうか。
理由は正方形に近いアスペクト比のモニターは設計が古い傾向で、性能的にも画質的にも現代の水準に達していない恐れがあることです。
一方横16で縦9の比率の解像度のモニターは、現代の用途に適してニーズを満たしてくれるのでおすすめです。
この比率はいわゆる地デジやブルーレイ、動画配信サイトが提供する映像と一致するもので、対応するモニターを使えば画面いっぱいに映像が表示されます。
つまり余白や黒帯があらわれませんから、表示領域を無駄なく使い切ることができるわけです。
中古は新旧や状態など確認するべきポイントが沢山ありますが、アスペクト比で絞り込めばかなり候補が限られてきます。
この比率であればTVチューナーを接続してテレビとしても、ゲーム用にも使うことができますし、パソコン以外にも多用途に活用できるのではないでしょうか。

中古のモニターは音質に問題があることも多い

中古のモニターは音質に問題があることも多いので購入前には注意が必要です。
音を発生させる装置が時間経過とともに劣化することもあるためで、新品モニターとは明らかに快適さが違うこともあります。
この点を特に気にしない方もいますので、そういう人にはお買い得になるかもしれませんが、価格の安さにひかれて購入すると失敗するかもしれません。
音に関しては、買う前にチェックできなかったり、可能であったとしても確認することに考えが及ばなかったりすることも十分にあります。
スペックなど他の点に比べて値段的にあまりにも安いのではないかと思えるような際には、音声も確認させてほしいと依頼してから購入するようなことも考えておいてよいでしょう。
もちろん中古品である以上、その時点ではあまり気になるような点は見当たらないとしても、購入後それほど期間が経過しないうちに劣化が明らかになってくるようなこともあったりしますので、要注意です。

音質にこだわりたい場合はスピーカー内蔵の中古モニターが最適

映像だけでなく音質にもこだわりたい、そう考えるならスピーカーを内蔵している中古モニターを選ぶべきではないでしょうか。
スピーカーは外づけする選択肢もありますが、設置スペースが限られると小型しか選べないので、迫力に乏しく不満が残る結果となります。
一方、モニターに内蔵されているスピーカーは割りと音質が良いものが多く、音が出る時に画面も振動するので、サイズよりも迫力を感じやすいのが魅力です。
特に、少し古い大型のモニターは音も良い傾向ですから、そこに拘りたいならお店に出向き、音を出してもらい聞いて判断することをおすすめします。
モニターから迫力のある音が再生されれば、ゲームプレイもより一層楽しくなりますし、映画鑑賞も没入感が高まることになります。
内蔵されていなかったり、取ってつけたような小さいものは音が微妙だったりするので、中古を検討したり狙うにしてもまずはお店に足を運び、比較検討するのが良いのではないでしょうか。

中古モニターをメインで活用する際におすすめのサイズとは?

中古モニターは用途にもよりますが、メインで活用する際に適したサイズというものがあるのではないでしょうか。
1台で仕事もプライベートもこなしたいのであれば、選ぶべきモニターのサイズは24型以上となります。
理由は22型程度だと物足りなく、逆に26型を以上となると大きくて設置場所を選ぶからです。
大型でも距離を離して置ける場所があるなら別ですが、あまりに大きいとテレビのようになってしまうので注意です。
映像の表示や編集といった作業が中心であれば、モニターの比率は16対9が狙い目となります。
画面いっぱいに映像が表示される無駄のない比率ですし、テレビからゲームに至るまで、大抵の映像コンテンツに対応しているのが理由です。
大きさについては好みともいえますが、大きければ大きいほど迫力が楽しめるのは確かです。
文章作成や校正といった作業が主な用途の場合、モニターは縦の比率も大きめのものが理想的で、大きさは文字の読みやすさも考慮して26型以上が有力な選択肢になるのではないでしょうか。

中古モニターで注意したい故障のリスク

中古モニターはかなり安い値段で買うことができるので非常に魅力的ではありますが、故障するリスクも高いので買う前に注意点などをよく理解しておくことが大切になります。
気を付けておきたい中古モニターのリスクに関しては、ドット抜けや初期不良などが起こって快適に使用できない場合があること、そして新品よりも当然寿命が短いため、予想していたよりも早く使えない状態になってしまうことが考えられます。
また、バックライトの接触不良はかなり多いと言われているので、新品と比べると画面の明るさがあまり良くないことが多く、時々点滅したり上手く映らないことも十分に考えられるでしょう。
対処法としては、売り出された状態の時にどのような欠陥が見られるのか、初期不良など問題点はないのかについて詳しく説明してもらうことです。
更に、あまりにも値段が安く売られている場合、高確率で直ぐに故障してしまうことが予想されるので、どんなにお得だと感じても安易に買わないようにすることが大切となります。

中古モニターはメインかサブかによって選び方が変わる

中古モニターはメインに選ぶ場合と、サブ用途によって選び方が変わってくるのではないでしょうか。
メインにはやはり大型の方が何かと都合が良いですし、画面いっぱいに情報が表示できるモニターであれば、様々な用途に活用できます。
テレビや動画も楽しむことができますし、何より1画面に色々な情報が表示できるので、集中的に作業をしたい場合に向きます。
一方、サブは補助的な用途に用いるものですから、モニターのサイズは一回り小さく、スペース的にも設置しやすいものを選ぶべきです。
物理的なサイズに対して解像度が高いと、映像は高精細ですが文字は小さくなるので、テキストを読む場合はあえて解像度の低いものを選びたいところです。
サブがテキストではなく映像やガジェットなどを表示する目的であれば、解像度が高くても困ることはないと思われます。
いずれにしても、中古のモニターは何にどう使うかによって選び方が左右されるので、まずはその点を明確にする必要があるのではないでしょうか。

中古モニターのアフターサポートは充実している?

中古モニターを購入する場合はアフターサポートが気になりますが、では充実していると考えて良いのでしょうか。
結論からいえば、中古モニターのアフターサポートの充実具合は商品によるところで、製造から1年以内であればメーカー保証が受けられる可能性がありますが、1年を過ぎているとお店の保証のみというケースが多いです。
ただ、購入から1週間程度は初期不良期間が設けられていますから、購入して短時間で壊れた場合はお店の返金が受けられたり、正常に稼働するモニターと交換してもらえます。
メーカーによる問い合わせ対応などのサポートについては、新品ではないことを理由に断られる恐れがあります。
しかしそれはケースバイケースですし、メーカーによっては購入経路を問わずにサポートしていたりします。
モニターは使用環境と頻度によって劣化が進み、表示の品質が低下する性質があるので、メーカーやお店が対応してくれるか、購入前にしっかり確認することが大事ではないでしょうか。

モニター,中古に関する情報サイト
中古モニターの選び方

サスティナブルな社会を目指すことが求められている昨今、環境負荷の低減や資材の有効活用を重視して中古の製品の活用に大きな注目が集まり導入する企業や個人が増えている中で、当サイトでは商品の選び方や注意点について詳しく解説をしています。
特にモニターは映像や文字を常に映し出す重要な役割を占めていることから、最適な製品を見つけることが大切ですが、様々な規格が存在していることから初心者の方にとって難しい要素のひとつです。

Search